気になる就職先は?

主な就職先は?

商学部出身の学生の方の主な就職先は、やはり商社や金融機関がメインです。
比較的就活が有利になりやすい商学部ですから、人気の業種に就く方が多いイメージです。
というのも、やはり商学部がメインとして学んでいる経営や会計は、会社だけでなく社会に直結して役立つ可能性があるからです。
そのため、企業からも基本的に印象が良いと言われています。

他には、国税庁といった行政における公務員として働く人もいます。
行政における金融や経済の知識は重宝されますから、重要な仕事です。

また、就職とは別の道を歩む人もいます。
先ほど挙げた資格を取得し、その資格のスペシャリストとして活躍する方や、大学院に進学し経営学修士を取得するなど、研究の道に進む方もいらっしゃいます。

ビジネスに関心のある方が多いですから、自分で起業する方もいらっしゃいます。
いずれにしろ、現代のビジネスに強い学部であることは間違いないようです。

大学生のうちにやっておきたいこと

いくら商学部が就活に有利と言われているからと言って、油断してはいけません。
大学に入ってから、少しずつ準備していくことが大切です。

例えば、人気の業種に就きたいと考えるのであれば、高い競争率の中を戦っていかなくてはなりません。
まずは、インターンシップに参加してみましょう。
企業側は質の良い人材発掘のために行っており、自分の志望企業でインターンシップに積極的に参加すれば好印象です。

OB訪問を活用するのも良いでしょう。
気になる企業に就職した先輩から話を聞くことで、自分の指針を決めるきっかけともなります。

業界の説明会には積極的に参加してみましょう。
一日で大量の情報を仕入れることができますし、必ずではありませんが、自分のアピールの場になることも考えられます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る