商学部ってどんな学部?

どんなことが学べる?

商学部の基礎科目として、マクロ経済やミクロ経済について学ぶ経済学基礎、統計学や経済学が挙げられます。
これを土台として、マーケティングや会計、マネジメントというように、細かく分類し多角的にビジネスを研究していきます。

商学部は大学によってもちろん異なりますが、いくつかの学科に分かれていることがほとんどです。
ビジネスや経済に関する専門知識を身に着けられる商学科、企業の経営に関してを広く学べる経営学科、統計学的な知識でお金の動きのスペシャリストになる会計学科などが主です。
大学によっては、進んでいくグローバル化に伴った知識と能力を身に着ける貿易学科、経営も会計もまとめて学べる金融学科などがあるところもあります。

自分の最も興味のある分野で学科を選んでみて下さいね。

授業の内容は?

最初にご説明した通り、商学部の基本的な理念として、企業の事業活動を様々な面から研究することが挙げられています。
そのため、授業では事業活動の理解を深められるような内容のものを取り扱います。

例えば、実際の会社の経営に関する理解を深め、さらに客観的に評価するために経営学や経営史、経営戦略などを学ぶのです。
企業がどのように事業活動を行っているかを記録して報告するために財務会計を学ぶこともあります。
会計のデータを会社運営のために管理する管理会計も扱うこともあります。

商品は、作っただけでは意味がありません。
きちんと流通させる必要があります。
その際の戦略はマーケティング理論という授業に基づくものですし、企業の経営をどのようにしていけばよいか、模索する能力と知識が付けられるような授業が豊富にあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る